SIMフリータブレットでしたら…。

言うまでもなく、携帯事業会社同士は販売シェアで競い合っています。そういう事情から、それを伸ばすことを目指して、他社からMNPの規定に添って乗り換え契約を行ってくれる人を厚遇することも多いと聞きます。
発売当初は、低価格の機種が人気を博していたMVNO向けのSIMフリー端末だったと聞きましたが今日この頃は値段的にやや高いものが主流で、機能的にストレスに見舞われることはなくなったと聞いています。
キャリアフリーのSIMフリー端末の利点とは、格安SIMカードを要領よく使用すれば、スマホの月額料金を各段に半減させることが実現可能だということです。
単純に格安スマホと言っていますが、プランを比較してみると、どこと契約するかで、毎月の利用料は少しは異なる、ということが明確になると言っていいでしょう。
色々な法人が参入したことが要因となり月額500円前後のサービスが現れるくらい格安SIMの低価格化が広まりつつあります。SIMフリー端末の場合は、この低価格なプランを思うがまま利用可能です。

格安スマホの月末の料金が大手3社と照らし合わせて割断然安なのは、通常のスマホの無料通話に象徴されるような無駄なサービスをなくし、最小限度の機能に絞っているからだと言えます。
格安SIMと呼ばれているものは、1か月毎の利用料が安くて済むので世間から注目されています。利用料が格安だからと申しましても、通話だったりデータ通信などの調子が悪いというような現象も見られず普通に使用できます。
SIMフリータブレットでしたら、Wi-Fiエリアとは違う山あいの地域でも、楽々通信可能です。ドライブ中や散歩中など、数々の場面でタブレットが軽快に楽しめるわけなのです。
MNPとは、番号はそのままで、携帯電話を入れ替えることだと聞いています。例えて言うと、電話番号は現状のままで、docomoからauに変更することが可能だということなのです。
格安SIMカードと言うのは、有名3大通信会社の通信網を借りて通信サービスを市場展開しているMVNOが、ユニークなサービスを足したりして提供している通信サービスを指します。

皆さんご存知かと思われますが、人気抜群の格安スマホを利用することで、端末本体代も合わせて、月毎の支払いがたった2000円位にすることができます。
携帯電話会社の都合に合わせた申し込み形態は、バカらしいという意見も少数派ではありません。この先は格安スマホがメインになることになるでしょう。
よく知られた大手キャリアと比較しますと、格安SIMは料金が低減可能ということでかなり人気が高いです。料金が割安だからと言っても、データ通信あるいは通話が異常をきたすことがあるということもなく、きっとご満足いただけるはずです。
SIMフリースマホの場合も、「LINE」だけに限らず、たくさんのアプリが支障なく使用できるのです。LINEの一押し機能である無料通話あるいはトークも自由に使えます。
格安SIMを利用することができるのは、通称SIMフリーと呼ばれる端末だということです。大手の電話会社3社の携帯端末だと利用することはできないようになっています。

スマスマ最終回は生放送!?

「SMAP×SMAP」が最終回は、約5時間の放送になるそうです。
年内で解散するSMAPの冠番組だけあって、見逃せませんね。
番組スタッフとしては、生放送を希望しているそうなんですが、メンバーの気持ちがまとまっていないので、生放送の実現は極めて絶望的とのことです。
ファンとしては、最後くらい生のメンバーを見たいなと思いますね。
一度、解散報道があってからのSMAP×SMAPはとても見れたものではないので、、、。
キムタクのツッコミをみんな無視したり、香取くんはほとんど笑顔を見せなかったり、最後くらい仲のいいSMAPを見たいですね!
最終回は、12月26日の午後6時半から同11時18分までなので、お時間ある方は要チェックです!

クマ、電車と衝突

京都府舞鶴市で、走行中の列車と線路内に侵入してきたクマが衝突する事故があった。乗客に怪我人はいないという。
31日午後9時ごろ、JR真倉駅からJR綾部駅に向けて走行していた列車が、クマと衝突した。クマは猟友会によって死亡が確認された。
当時は乗客15人ほどいたが、怪我はなかったという。
このJRは山の中を走っており、近くにはクマが好む柿の実がなっていたという。これまでも、シカやイノシシなどと年間1000件も衝突事故がおきており、件数が増えているという。
山の中となると、見通しが悪そうだ。柵の設置などは難しいのだろうか。

貨物船で荷役作業中、荷崩れ

30日午前11時35分ごろ、神戸市中央区小野浜町の新港東埠頭に停泊していた貨物船「BBC ASIA」の船内で、「荷役作業中に荷崩れで3人が挟まれた」と船の関係者から119番通報がありました。
クレーンでつり下げていた鉄製パイプの束と船倉の内壁との間に荷役会社の作業員3人が挟まれる事故でした。
2人が死亡し、1人がけがをしており、原因など捜査中です。
約4トンほどの重さの鉄パイプ束に挟まれるとは、考えられないくらいの衝撃何だろうなと思います。
作業中は危険と隣り合わせなんだという事を忘れず、気を引き締めてほしいです。
再発防止に努めてほしいと思いました。

「やりすぎた」とび職少年

三重県で起きた未成年者の暴行事件。容疑者は16歳程度の少年少女らで、14歳の少年が死亡した。
死亡したのは中学2年生の森祥太さん。15歳の少年をいじめたことが原因で暴行をうけたとされている。暴行したのは、とび職の16歳少年ととび職の17歳少女など。
森さんを呼び出し、少年の自宅で話をしたあと公園に移動して殴るなどの暴行を加えた。現場となった公園のトイレには、血痕が残り壁に穴があくなどしている。
少年は警察に「数え切れないぐらい殴った」と罪を認めている。また、土下座して謝罪する森さんに対し「謝り方が悪い」とさらに暴行を加えたこともわかっている。
森さんは意識不明の重体となり入院していたが、事件から13日後に死亡した。16歳少年は森さんの死をしって、「やりすぎた」と泣き崩れたという。
暴行したのは4人とのこと。それだけの人数がいて、誰かとめようとは思わなかったのだろうか。

宝探しで行方不明

自然公園で行われた宝探しゲームに参加した男性が行方不明になっており、警察などが捜索にあたっている。
16日11時ごろから、新潟県糸魚川市の「海谷三峡パーク」の駒ヶ岳付近で宝探しゲームが行われた。色のついた松ぼっくりを山林から探し景品と交換するゲームで、子どもなど25人ほどが参加していたという。
しかし、終了時刻になっても山本徳治さん(78)が戻らず、消防に通報した。
警察と消防は状況から、山本さんが遭難した可能性が高いとみて連日捜索にあたっている。行方不明から2日の18日は、悪天候のため通常より早い午後3時ごろに打ち切りとなったが、今日19日はヘリコプターでも捜索活動が続けられるという。
ゲームが行われたのは登山口付近だというので、山の奥に行ってしまったのだろうか。無事に見つかることを願う。

17歳が14歳に暴行

三重県津市で、未成年者による未成年者への暴行事件が起きた。被害者は意識不明の重体で病院に搬送された。
加害者は県内で別の市に住む16歳の少年と17歳の少女で、いずれもとび職についているという。
調べによると2人は共謀して、事件が起きた10日午後1時ごろに公園の芝生やトイレで被害者中学2年生14歳・森祥太さんを殴るなどし
て重体を負わせた。
2人は容疑を認めており、森さんが少女の後輩をいじめたため、暴行したと話している。少女はこの日の午前11時に、共通の友人を介して森さんを呼び出し、少年と共に話をしたあと公園に向かったという。
森さんは急性硬膜下血腫をおこしており、今も意識が戻っていないとのこと。
ネットでは少年法を改正すべきとの声も上がっているが、悪意のある事件の場合は加害者の名も公表すべきだと思う。そうでなければ被害者の名は伏せない理由はなんだというのだろう。

キノコ狩りで遭難事故多発

長野県でキノコ狩りを目的に山に入った人が遭難するケースが相次いでいるという。例年、このキノコ狩りの時期は遭難者が増えるが、今年はすでに死亡者も出ているという。
原因は斜面から滑落したこと。同様に2人の重軽傷者が出ており、9月以降1人の行方不明者が見つかっていない。
去年は16件の遭難事故がおき、7人が死亡しているという。
また、10月1日にまつたけ狩りに山に入った長野県長野市の二本松英男さん(68)は、翌日山の斜面に倒れているのが見つかり、3日に県警のヘリコプターが救助に向かったが、すでに死亡していたとのこと。
このほか、北海道でも山林に入った男性が倒れて死亡しているのが見つかっている。
やはり、山に入るなら複数人で行くべきだろう。また、入山前に家族や隣近所の人に声をかけていくと良いだろう。

京都の自宅で火災

2日午後7時5分ごろ、京都市山科区音羽沢町、寝具大手”京都西川”の元社長で相談役の石橋武夫さん(83)方付近から出火し、木造3階建て住宅延べ約250平方メートルのうち2階の寝室の一部が焼けました。
屋内から心肺停止の状態で男性が見つかり、病院に搬送されたがまもなく亡くなったとのことです。
石橋さんは一人暮らしで、病気のため寝たきりの状態だったそうです。
寝室のベッド付近が激しく焼け、近くには灰皿がありました。
タバコから出火してしまったのでしょうか。
病気で寝たきりなので、身の回りの事や灰皿のゴミなどの処理が不十分だったのでは、と思いました。

夏休み未成年補導200人超

静岡県で、今年の夏休み中に夜間に補導された未成年が237人にのぼっていたことがわかった。
主な理由は、7月に配信され話題となったスマートフォンゲームの「ポケモンGO」で、中学生から高校生までの少年が連日補導されたという。
市民からの、こどもが集まってゲームをしているという通報も多かったという。少年らが補導されたのは、公園、路上、寺社など集まりやすい場所が多かったそうだ。
最も多かった期間は配信開始から10日間で、この期間だけで184人が補導されている。
県警少年課は「日を追うごとに補導件数は減少しているが、深夜徘徊は犯罪被害に遭う恐れが高い」とコメントしている。
配信から約2ヶ月、ブームが落ち着いてきた印象をうける。学校が始まってからは、中高生の深夜徘徊はなくなったと思うが週末はまだ注意が必要かもなのしれない。