死んだはずの91歳女性が生き返った

死んだはずの91歳の女性が遺体安置所で生き返ったというのだ。ポーランドの東部で11月6日、自宅で死亡を宣告された91歳の女性が11時間後に遺体安置所で息を吹き返し、安置所の職員たちを仰天させる騒ぎがあった。自宅で医師に死亡を確認されたあと、遺体安置所で目を覚ましたのだ。ジャニナ・クルキェヴィッツさんは、11月6日に死を宣告され、葬儀場に送られた。その後、低温に保たれた霊安室の遺体袋の中で目を覚ましたという。死亡を確認した医師も非常に驚き、当の本人は重度の認知症だったため、何が起きたかわかっていないが、「寒かった。」と愚痴をこぼしたという。また、死亡を確認した医師は診断が女性の命に危険を及ぼしたとして、近く逮捕されてしまうかもしれない。