常用漢字

常用漢字とは、文部科学省文化審議会国語分科会の答申に基づいて、法令、公用文書、新聞、雑誌、放送など一般の社会生活において現代の国語を書き表す目安として内閣告示で示された現代日本語の漢字のことだ。その常用漢字が29年ぶりに改定された。新たに追加された文字は「俺」「鬱」など196文字。「匁」など削除された文字が5字で、2136字となった。「俺」や「鬱」は多くの人が使っているので今更?と言う気もするが、そもそも常用漢字の目的はあくまで目安。規制するものではないので強制力はないらしい。しかし学校指導要領では義務教育の国語で習う漢字は常用漢字しか規定がないそうだ。教科書に載っていない漢字はどうやって覚えればいいのだろうか?自発的に本や印刷物を読んで、その都度調べるという習慣をつけることが大事になってくるのだろう。