Macはウイルスに強い?

10年ほど前ならばMacとWindowsが混在する環境など考えられなかったが、最近ではMacもWindowsも両方導入しているオフィスも少なくない。かつてはいわゆる業務用アプリケーションはWindows向け、それが動かないMacはおもちゃ扱いで、デザイン系の現場くらいでしか使用されていなかった。そのためかMacはウイルスに感染しないと信じられてきた。ところが2014年10月、ロシアのセキュリティ企業がMac OS Xに感染する新手のマルウェアを発見した。幸い日本での感染報告はないようだが、これで「Macはウイルスに感染しない」という宣伝文句は過去のものとなった。なぜMacはウイルスに感染しないと言われてきたのか、それはWindowsと比べて売れていなかったからだ。ウイルスを作って攻撃する側も、標的となる対象が多い方がいいため、Macが標的にされてこなかったというだけなのだ。早い段階でMacに乗り換えた先進的ユーザーほど「Macならセキュリティソフトを入れなくても大丈夫」と慢心している可能性がある。Macも例に漏れずセキュリティソフトをインストールして使用しなければならないことを忘れてはいけない。