プリウス、アメリカではエコじゃない?

厳しい排ガス規制で知られる米カリフォルニア州で、ハイブリッド車はもはや最新技術とはみなされず、エコカーの定義からも外されているそうだ。流れは他の州にも及んでおり、各メーカーは次世代エコカーの投入を急いでいるという。

ロサンゼルス市中心部と郊外にある空港を結ぶ高速道路では、混みあう一般車の車線とは対照的にエコカーがスイスイ走り抜ける車線がある。2人以上が乗った車だけが走れる「カープールレーン」だが、カリフォルニア州が認めたエコカーなら1人で乗っても通行できるため、事実上のエコカー優先車線になっているとのこと。だがエコカーの代名詞ともいえるトヨタ自動車のHV、プリウスはこの車線ではほとんど見かけられないそうだ。2011年にHVがエコカーから除外され、電気自動車やプラグインハイブリッド車などに絞られたからだ。HVはもはや最新の環境技術が使われた車ではないとされてしまっているようだ。さらに自動車メーカーには州内で売る新車の14%をエコカーにするよう義務付けられているが、17年からはここからもHVは外されてしまう。メーカーは技術開発を急ぎ、次世代エコカーを生産することを余儀なくされている。なかなか厳しい状況だ。