国内3位、ゆかりふりかけの歴史

食卓や弁当を彩る赤しそのふりかけ「ゆかり」。全国的に根強い人気で、三島食品の売り上げを3分の1を占めるという。
ふりかけの歴史は諸説あるが、大正時代に熊本県で乾燥させた小魚に調味料を加えたものが始まりとの説が有力だそうだ。三島食品創業者の三島哲男氏は戦後、故郷の広島でかつおなどのふりかけの行商人として身を起こし、1949年に前身の三島商店を設立した。
60年代、社員の1人が、漬物店でしそ漬けがよく売れているのに目をつけ社内で商品化を提案したそうだ。だが、当初はしそをふりかけとして食べる習慣もなく製法は手探り。水分の多いしその風味を落とさず乾燥させることが難題だったが、熱風の使い方などに工夫を重ねて克服し、70年に発売にこぎつけたという。
赤しその紫色が、古今和歌集で縁を表す色として詠まれており、商品名はこれにちなんだそうだ。
「紫の ひともとゆゑに 武蔵野の 草はみながら あはれとぞ見る」。紫の草が一本あるだけで武蔵野の草は全て愛しく見えるという意味で、人の縁の素晴らしさを表現しているそうだ。
発売後まもなく給食に採用され、子どもを中心に人気を集めた。2000年代以降も売り上げを約4倍伸ばし、昨年は国産ふりかけ販売で丸美屋の「のりたま」などに次ぐ3位。パスタに合わせるなど食べ方も多様になっている。
携帯用の「ゆかりペンスタイル」も少し前に話題になった。ペン状の容器からふりかけのゆかりが出てくるユニークなものだが、外出先でふりかけをかける時に便利だそうだ。こうした工夫もあって国内3位という座に輝くことができたのだろう。これからも日本の食卓の定番として頑張ってほしい。