画期的なミステリー

ミステリーは、犯人のパターンが出尽くしていると思われている。
ところが、犯人が最後まで物語に登場しない、という画期的な作品がある。
宮部みゆきの「火車」だ。
伝聞や状況描写の間接的な描写のみで描き切ってしまう。
これは相当凄い手法だ。