巡回中のパトカーが4歳男児はねる

17日午後6時ごろ、滋賀県長浜市野瀬町の県道で、巡回中のパトカーが道路を横断していた近くに住む男の子(4)はねてしまったそうです。
男の子は転倒して腰を打ちましたが軽いけがだったそうです。
パトカーを運転していたのは滋賀県警長浜署に所属する男性巡査(24)で、『男の子に気づいてブレーキをかけたが間に合わなかった』と話しているとのことです。
見通しのいい直線の道を30キロで走行していたそうですが、男の子は車が近くまで来ていたところに飛び出してしまったのでしょうか…
そして保護者は何故男の子のそばにいなかったのでしょうか。
保護者にも責任はあると思いました。
そして、男の子が軽いけがで済んでよかったです。