相模原入居者、移動へ

先月、相模原の障害者施設で大量殺人事件が発生し、犯人も直後に逮捕となった。無事だった入居者は体育館などの臨時避難場所で生活しているという。
現在40人ほど確認されているが、他の県立施設に移動が完了するとのことだった。
移動先となる施設は、現在は使用していない施設のため、鍵をつけ、ベッドやカーテンとしった生活用品も運び込まれたという。入居者は全92人、うち40人ほどが体育館から施設に移動となる。今後は分園とされるが、事件のおきたやまゆり園と同じく共同会によって運営されるっとのこと。
環境の変化になれるまで、少し時間がかかるかもしれない。もうあのような事件は起こらないでほしい。