小説家になるためには

ある高名な作家の方が「小説家になるためにはどうすればいいですか」と尋ねられて、「何か一つ、どれでもいいから、外国語をやりなさい」と答えたそうだ。外国語に通じることで、他の言語を経由することで日本語という言葉が立体的に陰影を持って感じられるようになるのだろう。実際他の言語を徹底的にやって、日本語の小説家として大成した人は多い。

夏目漱石はロンドンで、「夏目狂せり」と噂が立つほど根を詰めて英文学を学んだ。今話題の村上春樹も、アメリカ文学に通じて、たくさんの翻訳を手掛けている。初の作品は、まず英語で書き始めて、それから日本語にしたのだという。澁澤龍彦、太宰治、大江健三郎など、フランス文学を修めた小説家も多い。実際、小説家としての「思考の筋肉」が付くようだ。

一見日本語で小説を書く上で遠回りのように思えるが、とても実践的で深いアドバイスだ。